スポンサーリンク

会話のネタ集め の法則・後編【 会話の広げ方も解説 】

計画を立てる二人の女性 話題選びの基本 思考術&ハウツー
話題選びの基本
この記事は約8分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会話のネタ集め の法則・後編【 会話の広げ方も解説 】

さて、「 会話のネタ集めの法則 」後編!

前回は、ネタ集めをする前の心構えとして、コミュニケーションの本質について書かせていただきました。

今回は、より具体的な「会話のネタの題材」を紹介していこうと思います。

会話の ネタ集め テーマの選び方

1、『共感を呼ぶテーマ』

共同体意識」「価値観の共有」を生み出す話題
ポイント!:「この人とは気が合うかも!」と思わせやすい話題を選ぶ。

話を盛り上げる為には、まずはお互いのテンションを合わせることが大切。

  • ポジティブな話題→聞いていて楽しくなる話題:「最近ハマっていること」「好きなもの」「嬉しかった出来事」
  • ネガティブな話題→「それ、わかる!」を言わせやすい話題:「心配事」「最近の悩み」「イライラした出来事」「健康の不安」「お金の事情」

2、『将来性を感じさせるテーマ』

これからの「続き」を感じさせる話題

「自分についてよく考えている」=「中身がある」と思わせられれば、相手から「話すことがない人」という印象を取り除くことができ、次から話しかけやすくなる。

  • 自分が改善したい悩みや問題
  • 将来の目標や課題
  • やってみたいこと、憧れの生活について

3、『自分の内面をさらすテーマ』

自分を知ってもらい、信頼感を与える話題

「自分に内面をさらけ出してくれた」=「心を開いてくれた」という印象を相手に与えることができ、信頼度や好感度も上がりやすくなる。なにより「相手の緊張を取る」効果が大きく、相手の意見を引き出しやすくなる。

ただし、引くぐらいヘビー過ぎる話題はNG。あくまで「笑い話程度」にライトに話すことが大切。

  • 自分の短所、コンプレックス
  • 自分の失敗談
  • 苦手なこと、嫌いなこと
  • どうしても許せないこと、価値観

ネタ集め 状況に合わせた話題選び

「自己開示」編

自分を知ってもらい、信頼感を与える話題を選ぶ。

「人物像」「生活環境」がわかる話題

  • 地元ネタ、出身地の名産や名所
  • 休日の過ごし方、習慣にしていること
  • 家族、親兄弟の面白エピソード
  • 他の友人とのエピソード
  • 小さいころや学生時代の思い出、よく遊んでいたこと
  • 仕事、職場で最近起きた出来事
  • 自分が現在住んでいるところの特徴
  • 過去に住んでいたところの思い出

「好き嫌い」や「価値観」がわかる話題

  • 好きな漫画、アニメ、ドラマ、映画、本などの好きなキャラやシーン、セリフ
  • 好きなYouTuberや芸能人の好きなポイント
  • 好きなアーティスト、音楽性
  • 好きな食べ物、嫌いな食べ物、味の好み
  • 最近ハマっていること

「考え方」がわかる話題

  • 行ってみたいこと、やってみたいこと、憧れの生活について
  • 最近困っていること
  • 最近驚いたニュースや時事ネタ

「職場」編

幅広い年齢層が合わせられる話題を選ぶ。
  • 季節あるある、今日の天気と感想
  • 住んでいる場所と通勤方法
  • 地元ネタ、学生の頃の様子
  • 好きな食べ物、おススメの店
  • 好きな音楽、アーティスト、どこが好きか
  • 趣味、最近ハマっていること
  • 最近観た映画のあらすじと感想
  • 話題のニュースで驚いたこと、新しく発見したこと

「学校」編

「楽しい!」を共有できる話題を選ぶ。
  • SNSで流行っているもの(Twitter、Instagram、facebook、TikTok)
  • 使っているスマホの機種やおススメアプリ
  • テレビ番組、好きな芸能人、好きなお笑い芸人(好きなポイント)
  • 最近笑ったYouTubeのおすすめ動画
  • 好きな食べ物、好きな音楽
  • 最近観た映画、ドラマ、ゲーム、漫画、アニメ(好きなシーンやキャラ)
  • 小さい頃の思い出、出身地
  • お互いの持ち物(どこで手に入れたか、買った理由は?)
  • 時事ニュース(驚いたこと、新しい発見)
  • 血液型あるある
  • お酒にまつわる話題、失敗談
  • 休日の過ごし方
  • 旅行したい場所と言ってみたい理由

「初対面時のタブーネタ」編

重い話題、もしくは敵意や不快な感情が伴う話題は避ける。
  • 政治や宗教、社会問題に対する考え方
  • 年齢、細かい家族事情、収入
  • 容姿(ほめるのもNG
  • 過度な下ネタ
  • 自慢、自虐ネタ
  • 誰かの批判、悪口

「恋愛」編

最初はとにかく「明るくライトな話題」から始める。

『盛り上がるネタ』

一つでも「この人とは気が合うかも!」と思わせる話題を見つける。
  • 食事の好み、芸能人の好み、おススメの飲食店
  • 共通の趣味
  • ペットの話
  • 友人の話(悪口はNG)
  • 出身地の話題、学生時代の話
  • 今日の出来事とそれに対する感情
  • 朝の習慣、寝る時間と起きる時間(生活スタイル)
  • 持ち物(どこで買ったのか、買った理由は?)

『喜ばれる話題』

「あなたに興味がありますよ」「これからもあなたと関係を続けていきたいな」を感じさせる話題
  • お互いの好みのタイプを聞き出す
  • 最近ハマっていること、食べ物の好き嫌い
  • 今日の服装(相手が女性の場合)
  • 次の予定(次行く場所など)
  • 行きたい場所、人生でやってみたいこと

初対面時のタブーネタ:恋愛の場合

相手が不快になりやすい話題は避けましょう。
  • 過去の恋愛
  • 細かい家族事情、年収
  • 結婚観
  • 誰かの悪口、ただの自慢話

話題の広げ方の基本

基本的には会話は「連想ゲーム」で話題を広げていきます。

会話の中から「キーワード」を拾い上げ、そこから連想される質問をする。話題を広げるコツはただ一つ。相手に「続き」を言わせることが大切です。

  • 「興味を掘り下げる」姿勢を忘れない。
  • Why」と「How」を徹底的に聞く。相手に「はい」か「いいえ」以外で喋らせる。
  • 相手が知っていそう、関わっていそうな話題を選ぶ。
  • 一言で終わらせないために、会話の中に「て、」や「で、」を入れて、2言以上で返事をする。「~が○○『で、』△△します」
  • 会話がとぎれやすい「Not」な話題は「But」で切り返す。「~はしないですね。でも、○○はします」
  • 相手が動画の映像でイメージできるように、ストーリーがわかるように話す。「いつ」「どんな場所で」「どのような場面で」「誰が何をした」のか。
  • 相手の感情を引き出す質問をする。「楽しいのか?」「嬉しいのか?」「困ったのか?」「イライラしたのか?」
  • 「共感」からの自己開示を心掛ける。「~って○○ですよね。僕も△△で~」
  • 「だから自分はどう思うのか?」を話す。相手に自分の内面(感情や思考)を伝えるように意識する。

会話のタブー

「連想」や「続き」がない会話は相手は非常に返事しにくいため、これをすると会話が即終了します。
  • 前後の会話に関係のない質問ばかりをする。
  • 一言だけで返事をする。
  • 「いや」「でも」などの否定語が多い。
  • 「はい」か「いいえ」だけで終わらせる。
  • 「状況説明」のみで終わらせ、自分の感想を話さない。
  • 相手が全く知らないジャンルの話をひたすらする。
  • お笑い要素のない、シリアスな自虐ネタ。

ネタ集め の 情報源

ポイントは、誰かの「会話」や「意見」に注目すること。

様々な人々の「考え方」や「価値観」に触れて、「それじゃあ自分はどう思うのか?」をはっきり見つけられる話題を探すことが大切。

  • 「ソーシャルメディア」:YouTube、ニコ動、Twitter、Instagram、facebook
  • 「Webメディア」:Twitterニューストレンド、LINEニュース、Yahoo!ニュース
  • 「ネット掲示板」:5ch、トレンドまとめサイト
  • 「マスメディア」:TV、ラジオ、雑誌、ワイドショー、バラエティー、音楽番組
  • 「周囲の情報」:友人や家族との会話
  • 「自分の情報」:最近の出来事、過去の経験談
  • 「創作物」:映画、ドラマ、アニメ、マンガ、舞台

ネタ集め のための 習慣

毎朝、起きたら自分に以下の質問をする習慣を身につける。そうすることで、自然に「話題集めのアンテナ」を磨くことができます。
  • 「最近ハマっていることは?」
  • 「最近困ったことは?」
  • 「これだけはどうしても許せないことは?」
  • 「最近嬉しかった、もしくは楽しかったことは?」
  • 「最近驚いたことは?」
  • 「最近、なるほど! と思ったことは?」
  • 「どんなことを聞かれたら、自分だったら嬉しいだろうか?」

会話の ネタ集め まとめ

  • ネタ集めには「自分を知ってもらいたい!」「相手のことを知りたい!」という意識が必要不可欠。
  • どんなことを話したら「この人とは気が合うかも!」と思ってもらえるだろうか?
  • ネガティブな話題も、共感を得られるときには必要。
  • 誰かの批判、悪口は、印象と信頼感を損なうのでNG。
  • 相手に「続き」を言わせる話題を事前に調べておく。
  •  「価値観」と「好き嫌い」がわかる話題は相手の感情も引き出しやすい。
  • 「心を開く」話題を話すことで相手もしゃべりやすくなる。
  • 「人となり」がわかるように話し、信頼感を上げることで、相手も自分のことを話しやすくなる。
  • 話題集めは、誰かの「会話」や「意見」に注目し、「自分の考え」を見つけることが大切。
  • どんな話題でも「自分の気持ち」を伝えることで、相手の意見を引き出しやすくなる。「それわかる!」と思わせられるかどうかが大切。

さて、いかがだったでしょうか?

ただやみくもにネタを集めるのではなく、「内面を引き出せるかどうか」が大切だということがわかり、ネタ集めの意識が少しは変わったんじゃないでしょうか?

「心をつなげる」話題を、ぜひとも探していきたいですね^^

それでは!

〈関連書籍〉

「コミュニケーション」に関しては、以下の記事もおすすめです。
>>【心理学】信頼を深める『 ラポール・テクニック 』の実践方法

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました